エンジニアの仕事

元税理士職員が正社員とフリーランスエンジニアの手取り計算の違いを解説します。

フリーランスエンジニアとして独立すると、常駐先からもらう報酬が売上という形になるのですが、結論から言うと、このフリーランスエンジニアとしてもらう売上=正社員時代の年収であっても、最終的な手取りが同じになるというわけではありません。

ちなみにフリーランスの報酬は、年商や収入と呼ばれることもありますが、ここでは売上という言葉の定義で統一したいと思います。

たまにフリーランスの売上1,000万円と正社員としてもらう年収1,000万円は同じ手取りになると勘違いしてる人もいるので、フリーランスを目指そうと考えている人はお金の計算の仕組みをしっかりと理解しておく必要があります。

そこで今回はそんなフリーランスエンジニアとして計算される給料について詳しく解説したいと思います。

そもそも給料や年収の定義とは?

給料とは、会社から支給される全てのお金であり、具体的には基本給や残業代、住宅手当やボーナスのことを指します。

また年収とは、税金(所得税や住民税)や年金、保険料が差し引かれる前の1年間の総支給額のことを言います。

よって、これをフリーランスエンジニアの売上に当てはめてみると、給料ではなく年収と同じ意味ということになります。

さてこれからが本題なのですが、重要なのは最終的な手取りが異なってくると言うことです。

フリーランスエンジニアは確定申告を行う必要がある

冒頭で、たとえ売上と年収が同じでも最終的な手取りは同じになるわけではないと言いましたが、それは確定申告によって計算方法が異なるためなのです。

確定申告とは税金を納めるための申告手続きのことを言いますが、サラリーマンの人達は年末調整により、会社が代行して税金を納めてくれるため、あまり馴染みが少ないかもしれません。

一方でフリーランスエンジニアは毎年の期限日までに確定申告を行う必要があるのですが、会社員時代に行ってきた計算方法とは違う方法で申告手続きを行わなければなりません。

大きな違いとしては以下になります。

・サラリーマン→給与所得

・フリーランスエンジニア→事業所得

先程、年末調整というワードが出ましたが、もし仮に年末調整という制度が存在しなければ、サラリーマンの人達も給与所得という計算区分で自ら確定申告を行う必要が出てきます。

しかし、ここでより強調して言いたいことは、上記に記載したようにフリーランスエンジニアとサラリーマンでは計算区分の種類が異なるということです。

スポンサーリンク

1年単位で見た給与所得と事業所得の計算方法の違い

給与所得による所得税の計算方法は以下になります。

・(年収) ー (給与所得控除) ー (所得控除) = (課税所得)

※給与所得控除・・・給与所得者の給与から一定額差し引くことができる控除のことで、国税庁により定められた表に基づいて控除額が決まる。(サラリーマンのための経費みたいなものと考えて良い。)

※所得控除・・・年金や保険料と言った社会保険料、配偶者控除や寄附金控除といった様々な控除の総称のことを言う。

一方で事業所得による所得税の計算方法は以下になります。

・(売上) ー (経費) ー (所得控除) = (課税所得)

この課税所得の金額によって、所得税が計算されることになります。(住民税も少し額は変動しますが、この課税所得に基づいて計算されます。)

上記の計算方法を比較するともうお分かりだと思うのですが、給与所得では年収に対して、給与所得控除が差し引かれているのに対して、事業所得では売上に対して、経費が差し引かれています。

これが、最終的な手取りの違いが生まれる1つの要因になります。(さらに細かく言うと、年金や保険料の区分も会社員とフリーランスでは異なるのですが、ここでは税金の解説のみに留めたいと思います。)

会社員は給与所得控除があらかじめ年収に応じて定められているため、調整することができませんが、フリーランスエンジニアは事業に関わるものであれば、経費として落とすことで税金の納税額を抑えることができ、結果的に手取りを増やすこともできます。

正しいお金の知識と経営者としての視点を持つ

個人事業主としてフリーランスエンジニアをやっていく上では、さほど難しい事務処理が出てくることはありません。

しかし、どういった費用が経費として落とすことができるのかや確定申告書のチェックは専門家に相談しながら、進めていくことをオススメします。あるいは本屋にでも行って知識を深めていくことも良いでしょう。

また、いくら経費で落として税金を抑えることができたとしても、お金を使いすぎて手元のお金がなくなってしまっては元も子もありません。

税金は申告期限を過ぎると、延滞税が発生します。そのため、資金繰りといった面にも気を使いながら、経営者感覚を養っていくことを意識しましょう。

では今日はこのへんで。

ABOUT ME
byksi
税理士業界で3社の短期離職を繰り返した後、29歳でプログラミング未経験でエンジニアとしてキャリアチェンジ。 プログラミングスクールの選び方やアラサーからのエンジニア転職や仕事について紹介します。