テックキャンプ

未経験からテックキャンプ(旧テックエキスパート)を選んだ理由

テックキャンプ(旧テックエキスパート)

※2020年3月現在、「TECH::EXPERT(テックエキスパート )」は「TECH CAMP(テックキャンプ)」へと社名が統一されました。

エンジニアを目指してプログラミングスクールに通いたいけれども、数が多すぎてどれが良いのか全くわからない・・・そもそも有料と無料の違いは??といったようにプログラミング未経験の人にはわからないことだらけですよね。

これから目指す人達にはなるべくしっかりと他のスクールとも比較しながら慎重に選んでほしいと思い、この記事を書いてみることにしました。

そこで、今回は僕が数あるプログラミングスクールの中から、なぜテックキャンプ(旧テックエキスパート)を選んだのかをご紹介したいと思います!

テックキャンプ(旧テックエキスパート)を選んだ理由①短期集中で学べること。

もともと自分は仕事を辞めて受講するつもりだったこともあり、まとまった勉強時間がとれる環境にあったので、テックキャンプ(旧テックエキスパート)の10週間で学べる短期集中スタイルは非常に魅力的でした。

ほぼ毎日、1日10時間近くの勉強漬けでハードなスケジュールにはなりますが、実際に学習してみて感じたことは、プログラミングはまとまった時間で短期的に集中して学習した方が圧倒的に効率が良いということです。

テックキャンプ(旧テックエキスパート)は短期集中コースだけでなく、働きながらでもプログラミングを学習できる半年間コースがありますが、同期やスクールの先輩達に聞いてみても後者は途中で挫折してしまう人がかなり多いようです。

その理由として仕事が終わった後、そして土日は全てプログラミングの学習に充てなければならず、体力的にも精神的にも継続することが非常に困難ということがやはり挙げられます。

また、プログラミングは筋トレと同じようなもので、日々の習慣が重要であり、学習期間が少しでも空いてしまうと効率が著しく下がってしまいます。

本気でエンジニアを目指すのであれば、多少のリスクを背負ってでも短期集中で学習できる環境を選んだというのが理由の1つです。

スポンサーリンク

テックキャンプ(旧テックエキスパート)を選んだ理由②カリキュラム内容が豊富。

プログラミングスクールによって学べる言語は様々です。ちなみにテックキャンプ(旧テックエキスパート)ではRubyを中心に学習しますが、もし行きたい企業が最初から決まっているようであれば、その企業が採用しているプログラミング言語を求人で確認しておくことをオススメします。

テックキャンプ(旧テックエキスパート)は自社開発のWeb系企業への転職支援を強みとしているという背景からRubyを採用していますが、これらの企業に入社するハードルは未経験だとやはり高いです。

テックキャンプ(旧テックエキスパート)ではこうした企業にも入社してからもスムーズに対応できるためにプログラミング言語だけでなく、実際の現場でも利用するような連絡ツールやソースコード管理、データベース、サーバやネットワークの知識といった幅広い知識を網羅することができます。

正直、上記の知識は未経験だとなかなかピンとこないかもしれませんが、エンジニアを目指す上ではどれも必須の知識になります。

テックキャンプ(旧テックエキスパート)であれば、他のスクールに比べてより学習範囲をカバーできるのではないかと思ったのが2つ目の理由です。

テックキャンプ(旧テックエキスパート)を選んだ理由③転職実績が充実してる。

テックキャンプ(旧テックエキスパート)では未経験からでも上場企業や急成長ベンチャーへの転職を数多く成功させています。さらに、30歳以上の方も転職サポート受けることができるということもあり、他のプログラミングスクールと比べてもそこまでのサポートを受けることができるのは少数なのではと思います。

僕自身も受講した時の年齢は28歳ということもあったので、学習内容だけでなく、転職支援も充実しているスクールの方が良いと思ったので、テックキャンプ(旧テックエキスパート)を選んだのが大きなきっかけでした。

結果的に自分は短期離職が響いたこともあり、テックキャンプ(旧テックエキスパート)経由では内定をもらうことはできなかったのですが、他の転職ツールを活用することで学習内容をしっかりとアピールすることができたことで、複数の内定を得ることができました。

さいごに。

もちろん個人の目的や状況によってプログラミングスクール選びは大きく変わってきます。

まとめて勉強時間を確保してスキルを身につけたい、転職までしっかりとサポートしてほしい方にとってはぜひ参考にしてみてください。

 

ABOUT ME
byksi
税理士業界で3社の短期離職を繰り返した後、29歳でプログラミング未経験でエンジニアとしてキャリアチェンジ。 プログラミングスクールの選び方やアラサーからのエンジニア転職や仕事について紹介します。