雑記

ブログが3ヶ月続かない人に向けてオススメしたいこと

元々、自分はこのブログを開設する前に2年ほど前職の税理士業界をネタに定期的に記事を書き続けていましたが、エンジニアにキャリアチェンジしてから以下のような理由で本格的にブログを始めるようになりました。

  • フリーランスエンジニアを目指すにあたって、収入源を複数確保すること。
  • 情報のアウトプット、自分自身の働き方を発信すること。

ただ、思い切ってブログを始めてはみたものの、3ヶ月後ぐらいには書きたいネタも思い浮かばなくなり結局、継続することができず辞めてしまう人も多いのではないでしょうか。

ブログ初心者にとって記事ネタを思い浮かべ続けることは最初の関門であり、経験者にとっても難しいものです。

そこで今回は、なるべく記事を継続するために僕が普段意識していることを少しご紹介していこうと思います。

積極的にぼーっとしよう

今日はどこに出かけたといった出来事や、昼食は何を食べたのか、面白いバラエティ番組の紹介といったように日常でネタはいたるところにあります。

ただ、ジャンルを絞っていくにつれて、徐々に何を書いたら良いか思いつかないことが出てきます。

記事が書けない時ってまずタイトルが決まらないんですよね。

そういう時に何を書いたら良いだろうと深く考えてもあまり思い浮かばないことが多いです。

タイトルがパッと思いつく瞬間って案外ぼーっとしてる時なんですよね。笑

  • 通勤中の電車に乗ってる時
  • カフェで休憩してる時
  • 都会の街中をぶらぶらと歩いてる時

個人的にパソコンに向かっている時より、上記のように外出してる時の方が刺激を受けて想像力が豊かになっていることが多いんです。

パソコンやスマホにかじり付いて情報収集するのも良いですが、少し行き詰まったなぁと感じてしまったらぜひ散歩やジョギングでもして気持ちをリラックスしましょう。

好きなブロガーの記事の書き方をパクろう

タイトルが決まったら次はいよいよ本文を書いていきます。とはいえ、ブログ初心者だと、どのように文章を構成していけば良いかわからないことが多いと思います。

もちろん、最初のうちは好きなように書いていき、慣れていくことが大事ですが、すこしずつ文章構成を意識して書いてみましょう。

ブログをはじめるキッカケは人それぞれですが、面白いブログを見つけて自分も何か書きたいと思うようになったという方も多いのでしょうか。

人気のあるブログの書き方を真似することは非常に勉強になります。

スポンサーリンク
  • タイトルの中にどのようにキーワードが散りばめられているのか
  • 文章構成はどうなっているのか(見出しは何個ぐらいあるかetc)
  • どこの文脈に太字やマーカーがかかっているか

文章の起承転結がしっかりとしている記事やタイトルと内容がしっかりと関連しているような記事はやはり読んでいて頭に入ってきやすいですし、検索エンジンでも上位に上がっていることが多いです。

モチベーションを維持するためには?

ある程度書き続けていくと、もっと多くの人に自分の記事を読んでほしい、あるいは収益化を目指していきたいと考えるようになってくるのではないでしょうか。

そこでオススメしたいのが以下になります。

①クラウドワークスを活用してみるのもアリ

クラウドワークスとはインターネットを活用して企業と個人が直接つながり、仕事の受発注を行うことができるWebサービスです。

クラウドワークスの仕事内容の中にはライティングというジャンルがあります。

特にオススメしたいのがタスクという仕事形式で、初心者でも気軽に取り組めるような仕事を受注することができます。

いわゆるライターという仕事なんですが、1文字あたり1円といったように報酬が決まっています。つまり、上記のような文字単価だと、1000文字の記事を納品すれば1,000円の報酬がもらえます。

自分もブログを始めた頃、書くことに慣れるためにクラウドワークスで100文字20円ぐらいの仕事をよく書いたりしていました。

現在では月に5〜6記事程度をクラウドワークスで納品して、月に2〜3万円ほどの副収入を得ることができています。

ブログでは、Googleアドセンスやアフィリエイトといったものを活用して収益化していくことも可能ですが、すぐに成果を出すことはなかなか難しいです。

そこで文章を書くということに慣れる意味でもまずはクラウドワークスを活用して報酬をもらうということを実感してみるのもアリです。

②Googleアナリティクスとサーチコンソールの導入 

これはやや中級向けになるのですが、これらのツールは自分のサイトにどれだけの人が訪問してきたのか、あるいはどういった検索キーワードから自分のサイトに流入してきたのかといった情報を知ることが出来ます。

やはり、記事を書くことに慣れてくると自分が書いた記事がどれだけWebサイトから閲覧されているのか気になってくるものです。モチベーション維持につながることもちろんこと、収益化も考えている人はこれらのツールを使いこなすことは必須になります。

書き始めてから1〜2ヶ月程度、あるいは10〜20記事ほど作成したところで導入してみるのもアリでしょう。

まとめ

ブログの目的は人それぞれだと思います。

趣味で書きたいと考えている人も、ビジネスとして収益化したいと考えている人も継続的に記事を書くことは根気も必要です。

もし行き詰まったなぁと感じたら、ぜひ上記の項目を意識してみてはいかがでしょうか。 

ABOUT ME
byksi
税理士業界で3社の短期離職を繰り返した後、29歳でプログラミング未経験でエンジニアとしてキャリアチェンジ。 プログラミングスクールの選び方やアラサーからのエンジニア転職や仕事について紹介します。