プログラミング学習

GASを効率的に勉強するための学習ステップを紹介します!

勉強 GAS

自分は現在エンジニアとして社内外の業務効率化の一環として、GASを扱うことがしばしばあります。

この記事では主に次の項目について解説していきます。

この記事はこんな人にオススメ!
  • GASってそもそも何?
  • GASで何ができるの?
  • GASを気軽に勉強できる方法が知りたい!

GASとは?

GASとはGoogle Apps Scriptの略で、Javascriptというプログラミング言語を用いてGmail・Googleドライブ・GoogleスプレッドシートといったGoogleで提供しているサービスを操作することができます。

具体的な例として以下のようなことが実現することが可能です。

  • Gmailの送信を自動化
  • slackの情報を取得し、スプレッドシートに転記
  • スプレッドシートに入力した情報をTwitterに自動投稿etc…

似たようなツールとしてエクセルVBAがありますが、GASはWebサービスなのでインターネット環境とユーザ登録さえすれば誰でも使用することができます。

初学者が独学でGASを勉強するには

GASを独学で勉強する方法は主に次のステップです。

前提知識としてJavascriptを勉強する

冒頭でも述べましたが、GASはJavascriptというプログラミング言語を使って操作します。

そのため、まずはJavascriptの基本文法を勉強しましょう。

Javascriptは人気言語なので、Progateというサイトで無料で学習できますし、youtubeでJavascriptと検索すればわかりやすく解説してくれる動画がたくさん出てきます。

勉強する範囲として最低限以下の意味はしっかり抑えておきましょう。

  • 変数
  • 条件分岐・繰り返し処理
  • 関数
  • データ型の種類(数値、文字列etc…

上記で挙げた項目はJavascriptに限らず、他の言語でも共通の文法知識となっています。

つまり、Javascriptをある程度マスター出来れば他のプログラミング言語にも対応する能力が身についていることでしょう。

Webサイトを活用する

GASを解説している参考書はそれなりにありますが、サイト上でも無料で勉強できる情報があるのでそれらを活用しましょう。

ドットインストールはユーザ登録することで無料で20の動画レッスンを閲覧することができ、スクリプトの実行からタスク管理アプリの作成など実践的な内容も揃っています。

また、いつも隣にITのお仕事というサイトでも「Bot」と呼ばれるサービスを作成しながら、初学者でもGASを体系的に勉強できる情報が提供されているのでオススメです。

GASの学習項目を絞る

GASでは、スクレイピングと呼ばれるWebサイトから取得したい情報を抜き出したり、面倒なサーバ構築なしで簡単なWebアプリケーションも作成することができます。

ですが、初学者がGASの学習でまず意識しておくべき内容は以下の2点です。

  • プログラムの自動化
  • 外部アプリケーションの連携

 

プログラムの自動化

こちらはイメージしやすいと思いますが、まずはプログラミング言語を書きながら簡単な自動化から習得していきましょう。

スポンサーリンク

ある程度各サービスの操作方法を掴めるようになったら、今後は自動化してみたい作業や自分でフローをあらかじめ考えてプログラムを組んでいくと良いでしょう。

外部アプリケーションの連携

GASではTwiiterやChatworkといった外部のクラウドサービスと情報共有することができます。

これはAPI連携と呼ばれる技術で初学者にとってやや敷居は高いかもしれませんが、非常に便利な機能なのでぜひ学習しておきましょう。

プログラミング初学者は挫折してしまいがち

GASは面倒な環境構築がいらずプログラミング言語のみ学習すれば操作できるので、学習の敷居は正直そこまで高くないです。

ただ、独学でのプログラミング学習の挫折率は9割とも言われているように、一人ではなかなか思うように進まないことも少なくありません。

GASは面倒な環境構築は必要ないので誰でも気軽に始めることができますが、プログラミングにはエラーに対応する能力が重要で、初学者にとってはこのエラーで挫折してしまうことも珍しくないでしょう。

もちろんエラー解決力は繰り返し対処していくことで養われていきますが、最初のうちはわからないことはすぐに質問できる環境を整えてあげることが重要です。

プログラミングスクールに通ってみる

もし、独学が少し厳しいなと感じたらプログラミングスクールで集中して学習してみるのも良いでしょう。

TechAcademyはGASのコースが用意されている唯一のプログラミングスクールです。

TechAcademy主な特徴は以下の通りです。

  • 現役エンジニアのメンターが疑問点を解決!
  • 月々約6,209円〜の分割払いが可能!
  • オンライン完結なので、働きながらの受講が可能!

GASやJavascriptの基礎知識から実務に役に立つスキルまで一気に勉強できるカリキュラムとなっています。

また、無料体験もやっているので一度相談に乗ってもらうのも良いでしょう。



まとめ

日々の業務をGmaiやスプレッドシート等のGoogleサービスで行なっているのであれば、GASはプログラミング初学者にとってうってつけの教材となります。

いずれにしても、今後はIT業界以外で非エンジニアのビジネスマンにとってもプログラミングの知識は必要不可欠となる時代が来ることでしょう。

ぜひこの機会にGASを学習してみてはいかがでしょうか?

ABOUT ME
byksi
税理士業界で3社の短期離職を繰り返した後、29歳でプログラミング未経験でエンジニアとしてキャリアチェンジ。 プログラミングスクールの選び方やアラサーからのエンジニア転職や仕事について紹介します。