プログラミング学習

税理士に必ずオススメしたいプログラミング言語3選

税理士 プログラミング言語
  • 税理士業界(あるいは一般企業の経理)で働いている人
  • 将来的に役立つスキルを身につけたい。
  • もっとITリテラシーを高めたい。
  • プログラミング言語に興味があるけど、全くわからない。

この記事では、上記のようなバックオフィス人材に向けた内容となっております。

今後のデジタル社会に向けた有益な記事となってますので、ぜひご覧ください。

この記事の筆者の経歴
  • 税理士業界で4年弱働いた後、プログラミングスクールを経て29歳でエンジニアとしてキャリアチェンジ。
  • 現在はRPAやPythonといったプログラミング言語を用いて、社内外の業務改善に従事。

たった10年間で激変した税理士業界の現状

現在、税理士業界はこれまでになかったような様々な変化に直面しているのではないでしょうか?

  • コロナ禍によるリモートワーク・Web面談といった働き方の変化。
  • RPAやクラウドツールといったITツールの活用による変化。
  • クライアントに対するサービスのニーズの変化。

 

また、コロナ前においても税理士試験の受験者数の右肩下がり、その結果、働き手の不足や最新のIT技術により、税務サービスそのものの価値も低下しつつあります。

こうした影響により、税理士の平均年収もここ10年間で減少傾向にあります。

税理士 平均年収

参考:「キャリアガーデン」HPより

税理士にプログラミング言語オススメする理由

税理士にプログラミング言語をオススメする理由としては以下の通りです。

業務の自動化の推進

プログラミング言語を使いこなすだけでも、エクセルや毎月発生するメールの送信作業といった定型業務を自動化することができます。

また、プログラミング言語でコードを書いたり実行するためには、PCを裏側で操作するための周辺知識も必要となるので、ITの基本的なリテラシーを高める上でも便利なツールです。

つまり、税理士にとってプログラミング言語は日々の業務の自動化だけでなく、ITリテラシーの向上にも役立てることができるのです。

現在・将来のITツールを使いこなすため

RPAといったデスクトップツールやfreeeといったクラウドサービスは何かしらのプログラミング言語やその他様々な技術を組み合わせることで成り立っています。

もちろん、このような裏側の複雑な構造まで理解する必要はありませんが、ユーザ側の立場としてプログラミング言語を習得することで、これらのツールをより使いこなすことが可能です。

また、RPAをさらに上回るような自動化ツールを活用する場面も今後、訪れる可能性も出てくるかもしれません。

そのような場合に備えて、プログラミングスキルをあらかじめ身につけておくことは大きな差別化にもなるでしょう。

より付加価値の高いコンサルサービスに対応するため

クライアントのニーズは税務だけでなく、資金繰りや事業承継・企業再生・M&Aといったより高度なコンサルティングサービスへとシフトしています。

業務の自動化やITツールを使いこなすことは、あくまで業務削減の手段にすぎないので、それ自体がクライアントに付加価値を提供できるとは限りません。(Saasの導入といったITコンサルタントとして、クライアントに対してサービスを提供するのであれば別ですが。)

スポンサーリンク

そのため、こうしたニーズに対応することが本来の目的であることを念頭に置きましょう。

税理士に必ずオススメするプログラミング言語

①エクセルVBA

税理士にとってExcelは日常的に活用するので、エクセルVBAを身につけることは業務の効率化にも大きく役立てることができるでしょう。

また、他のプログラミング言語と比べても、PCにエクセルが入っていれば面倒な環境構築も不要で、気軽に触ることができます。

学習方法

エクセルVBAは無料サイトや参考書が充実しているので、独学でも充分に習得が可能です。

ただ、独学による学習の挫折率は約9割とも言われており、継続的に集中できる学習環境を整えることが不可欠です。

もし独学だと少し厳しいなと感じるようであれば、プログラミングスクールを活用するのもアリです。

そこで、エクセルVBAを効率的に学習できるプログラミングスクールがKENスクール[PC教室]です。

KENスクールの主な特徴
  • 開校31年の実績に基づいた充実のカリキュラム!
  • マンツーマンによる個別指導
  • フリータイム制・複数の校舎を利用可能

 

②Python

Pythonは近年、最も人気のあるプログラミング言語の1つです。

Pythonを扱えると以下のような業務を自動化できます。

  • Office系サービスの自動化
  • Gmailの自動送信
  • Webブラウザから特定の文字の抽出etc…

また、他にもPower Automateと呼ばれるWindowsで扱えるRPAサービスも、Pythonを使いこなすことで高度なフローを実現することができます。

学習方法

Pythonに関しても、無料サイトや参考書が充実しているので、独学でも充分に対応できるでしょう。

プログラミング初学者向けの無料サイトだと、Progateがオススメですね。

また、Pythonが効率的に学習できるプログラミングスクールはTechAcademy [テックアカデミー]がオススメです。

TechAcademyの主な特徴
  • 4週間・8週間・16週間コースから選べる
  • オンライン完結なので、働きながらでも学習可能
  • 週2回のマンツーマンメンタリング
  • わからないことは現役エンジニアがサポート

③Javascript

Javascriptもプログラミング言語の中では人気のある言語の1つです。

Javascriptをマスターすれば、Googeが提供してるGASを扱うことができます。

また、最近では「Officeスクリプト」と呼ばれるWeb上で扱えるExcelをJavascriptで記述すれば操作できるようになりました。

学習方法

Javascriptも独学でも可能ですが、Pythonと同様にプログラミングスクールを活用してみるのも良いでしょう。

TechAcademy [テックアカデミー]ではGASが学べるコースも用意されています。

税理士にITリテラシーの向上は必須

税理士の仕事はITに代替されやすく、今後もその傾向はますます強くなることでしょう。

ただ、ITをうまく使いこなすことは個人のリテラシーにも大きく影響します。

この機会にぜひ、1度プログラミングを触ってみてはいかがでしょうか?

ABOUT ME
byksi
税理士業界で3社の短期離職を繰り返した後、29歳でプログラミング未経験でエンジニアとしてキャリアチェンジ。 プログラミングスクールの選び方やアラサーからのエンジニア転職や仕事について紹介します。